関東風俗 ソープランドとは…… ?

関東のトルコ・ソープランド風俗の歴史を追求してみよう

現在、当たり前に関東でもソープランド・ソープランドと言いますが、以前、この風俗は、トルコと言われていたこともあります。ソープランドは、風俗の様々な変遷があり、ようやくここに至ったのです。

関東でもソープランドは更に、特殊浴場や、個室(高級)サウナという言い方もします。このような風俗の形態は、外国にも存在していると言います。

■ソープランドの歴史 
ソープランドという風俗には、長い歴史がありそうです。1932年(昭和7年)に書かれた、横光利一の小説である「上海」には、女性がマッサージをする蒸し風呂が、その頃の上海にもあったと言います。

既に中東でも公衆浴場ハマムがあり、中では垢すりのサービスがあったようです。しかし、中東においては、男性のお客様には、男性の垢すり師というのが原則でした。

■トルコ風呂の誕生 

日本・関東において、トルコ風呂の誕生は、1951年4月1日です。東京都東銀座に開店したのがはじまりと言われています。それはまだまだ風俗と言い難い、女性は服を着て、性的サービスもNGでした。

■トルコ風呂は個室だから 

トルコ、そしてソープランドへ。その関東の風俗は個室だから、いろいろミステリアスゾーンを作るようです。やがて、トルコ風呂が、風俗として性的なサービスを提供するようになって来たのも、個室であることが関係しているようです。

いかがでしょうか。1958年、売春防止法の施行により赤線は廃止されました。そして、吉原は、トルコ風呂として成長していこうとします。